RainTreeを聴きながら

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歩きながら考える step6

2012.01.11 (Wed)
歩きながら考える step6
http://www.arukan.net/index.htm



巻頭文「混沌を知って、私たちは少しだけ野生にかえる」がとてもよい。

混沌を知って、
  私たちは少しだけ野生にかえる


夜の闇に放り出されて、初めて光の明るさに気づくように、
寒さに凍えてはじめて、光の尊さを知るように。
大きな自然の力を知って、自分の小ささを知ることになった。

全ての技術を取り払って、
自分の身体ひとつでできることを考えると、
遠くまで自分足で歩いて行くことも、食べものを探すことも、
真っ暗闇のなかで眠ることも、全部おぼつかない。

わたしたちは、とっても非力で、右往左往している。
でも、投げ出すわけにはいかない。
正しいかどうかわからないまま、とにかく歩いている。
歩きながら、考えている。

腕組みをして観念的な批評をする知性よりも、
毎日をサバイバルできる、実践の知恵がほしい。

多少滑稽な姿でも、歩き続けるしかない。
考えてみれば、現在の私たちは、
そうして立ち上がった先人の手によって出来ている。
そう思うと、少しだけ勇気づけられる。

自分足で歩き、眼で見て、自分の頭で考える、
それだけが、世界を繋ぎとめてくれる、確かな一歩になる。

コメント


管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。