RainTreeを聴きながら

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンカーラ

2012.12.28 (Fri)

田口ランディの本は迷いのある時は辛い。
真っ直ぐに向かってくる言葉に、知らぬ間に迷い込んでしまうから。

内田樹先生の「みんなの現代霊性論集中講義@相愛大」、
釈徹宗先生の「現代霊性論ビョンド@凱風館」の講義の後に、
この本が、私の手にすっと落ちてきたのが良かったと思う。


講義で、釈先生がお話しされた、浄土真宗に特有の「他力(たりき)」という考え方。

 他の教義では、良い行いは積めば積むほど功徳になるが、
 浄土真宗においては、自らの善行に対しても名声を得たいから
 やってるのではないかと疑う。良い行いをした(ている)満足感
 を得られない。
 お前は、良い人と思われたいだけじゃないのか?と声が心の声がする。
 自分が正しいことをしていると思うと片寄る。
 それでいいのか?と常に問うてくれるからこそ、活動できる。


ランディさんが、震災後ブッダについて書いてみたいと書いた本で、
ブッダや教義には全く触れずに、自分の周りから世界と濃密につながり
生きている人を語るようすに、念仏を一心に唱える妙好人のおばあさん
の姿が浮かんだ。



あ、『被ばくのマリア』からの、イワガミ、その後が聞けて良かった。







コメント


管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。